あごの角度

Pocket

あごの角度が舞台演出において非常に重要となります。

簡単には以下のように分類できます。

+20° 軽蔑

+10° 余裕

±0° 誠実

-10° 遠慮

-20° 卑屈

+20度まで上げてしまうとやや審査員には良い印象を与えないので、

0~10°の間にしておくとよいです。

これも常に10°、常に0°とするのではなく、さまざまな角度に変えていくことが重要です。